現代語訳『海のロマンス』84:練習帆船・大成丸の世界周航記

米窪太刀雄(よねくぼ たちお)著

夏目漱石も激賞した商船学校の練習帆船・大成丸の世界周航記。
若々しさにあふれた商船学校生による異色の帆船航海記が現代の言葉で復活(連載の第84回)

グルート・シューア(続き)

グルート・シューアの部屋はいずれもさほど大きくない。客間の鏡板(パネル)は実に見事なインド産チークでできていた。すこぶる神秘的な構図の大きな織物のタペストリーが壁にかかっている食堂には、十五、六人も並べるような大きな長方形の食卓が置かれてあった。

「日曜休日ごとに市民に庭園を公開したローズはまた、その食卓で食事することの名誉と愉快とを彼らに与えた」と本に書かれているのは、これであろう。また歓談(かんだん)笑語(しょうご)のうちに本国からわざわざ下ってきた名士と南アフリカの政策を議論したのもここであろうし、イエズス会の一長老の金剛石(ダイヤモンド)発見の風変わりな新しい方法を揶揄(やゆ)したのもここであろう。

そもそもローズは食卓において自分から話を進める人ではなくて、客が意見や理想を述べるのを微笑をもって静かに聴取するといったタイプの人柄であった。

彼の治世と事業と人格とを生みだした研鑽(けんさん)の部屋、つまり図書室は居間の次にある。布張りの本や革装の本、山羊皮を使った本などが色々の美しい背皮を厚いガラス窓の奥に輝かせ、ギッシリと大きな本棚に積んである。

日頃からローズはギボンの不世出の名著たる『ローマ帝国衰亡史』を読んで、シーザーの人となりや彼に心躍らせていたとのことである。そして一方、彼の寝室にナポレオン大帝が使用したと伝えられる古色蒼然たる時計(クロック)と、ナポレオンの立像とが飾られてあるのを見れば、英雄崇拝(えいゆうすうはい)の傾向がある人々の系統について、面白い事実を発見することができる。

遊戯室の二階はローズの寝室で、その大きな張り出し窓(ベイウインドウ)は人間界の巨人が朝な夕な天然界の巨人たるテーブル・マウンテンに親しんだところだという。

もともと日本人は偉人ゆかりの跡とか、一族存亡の跡とかいう歴史的に著名な場所に到(いた)ると、たちまちインスピレーションに感銘して、むやみに感慨にふけり、むやみに憧憬(どうけい)し、追憶して、同情的にかられた涙もろい気分に陥(おちい)ってしまうのが癖(くせ)である。

ところがこの第一の癖(くせ)に次いで、その強烈な感興(かんきょう)も決して長持ちがしないという第二の癖(くせ)を十分に発揮するので、はたの者は幸いにしてあまり当てられずにすむ。まことに淡泊な、あっさりしたよい気象である。どんな偉人でも、護国救世(ごこくきゅうせい)の大人物でも等しくお宮や銅像で葬(ほうむ)り去られたが最後、きれいに忘れられてしまう。これでようやく義理がすんだというようにすましてしまう。古い昔のことは言うに及ばず、今日この頃の谷垂(たにだれ)の墓地*を訪問した者はなるほどと合点するであろう。

* 谷垂(たにだれ): 現在の東京都品川区西大井。初代内閣総理大臣・伊藤博文の墓所がある。

こういう気象から論じていくと、キンバレーの金剛(ダイヤモンド)鉱を英人の権力内に収め、かのローデシアを創出し、北方のいわゆる国土拡大(グレイト・エキスパンション)に努力し、ケイプ植民地の首相となってはよく善政をしいたローズのために、デビルス・ピークの中腹に広壮な一大記念堂を設立して、どんな男でもいざとなるとローズ、ローズと口癖のようになつかしがる南アフリカの英人は、執拗(しつよう)なネチネチした思いきりの悪い国民かも知れない。

タウンからワインバルグ行きの汽車に乗る人は終始(しゅうし)右側の車窓を通じて、縦線が特に目立つ白い建物を、うっそうたるデビルス・ピークの緑葉の間に見いだすであろう。

ゆるやかな傾斜をもって隠れたる技巧と努力をしのばせる、美しく加工されたけわしい山道が、のどかな春の光陰(ひかり)にのんびりと浮かれ出た蛇(くちなわ)のように延々と山をうねり登る。

快い肺の拡張と、生ぬるい身内の汗とを意識しつつ登り登りて、ホッと軽い息をついたとき、目の前に「肉体(フィジカル)の精華(エナジー)」の像が出現し、それを仰(あお)ぎ見ながら、なるほど評判に聞いたとおり勇ましい武者ぶりだと褒(ほ)めたくなった。見るからに荒馬然とした精悍(せいかん)なる裸馬(はだかうま)に、いわゆる眼光するどく引き締まった体の男が、これもまた裸体(はだか)のまま著(いちじる)しく身体を左方にねじ向けながら危うげに踏みまたがって、拳闘家(けんとうか)に見るような、たるみのない隆々たる筋肉美を、新緑の炎を吐くという盛夏(せいか)の大気のうちに匂わしている。

ギリシャ神話の女怪物ゴルゴン・メドゥーサを斬ったというペルセウスの腕もかくやと思うような手を、精悍(せいかん)の気あふれるばかりにただよう眉間(みけん)に添えて、不敵(ふてき)な面魂(つらだましい)を北の方なるローデシアへと向けている。

なぜ「心霊の精華(スピリチュアル・エナジー)」と呼ばずして、フィジカル・エナジーと呼びならわしたかはわからない。こういうときには、あれこれ考えこんだりせず、あるものをそのまま素直に受け入れる性格の人がうらやましい。

この騎馬像(エケストリアン)は、かの英国はロンドンのケンジントンにある像と同じくワッツ*の作であって、グレイ伯とワッツ夫人との承諾のもとにここに飾られたという話だ。

* ジョージ・フレデリック・ワッツ: 英国の画家・彫刻家(1817年~1904年)。フィジカル・エネルギーと題する騎馬像は南アフリカのセシル・ローズにささげられた。鋳造された作品は二体あり、それぞれロンドンのケンジントンと南アフリカのローズ・メモリアルに設置されている。

夕闇(ゆうやみ)の空に美しくちりばめられた星のように光る多くの鉱物を含む花崗岩(みかげいし)を重ねた、コロシアム式に太い円柱(コリーム)の列群と二つの翼房(ウイング)とを持つ、いわゆる「殿堂」に通じる石燈(せきとう)の左右には、スワンの作と伝えられる八つのいかつい獅子(しし)の像がある。

「殿堂」の中にはベイカーの作とされる、テーブルにもたれてまさに来るべき飛躍(ひやく)を夢見つつ瞑想(めいそう)にふけっているローズの胸像(バスト)がある。すこぶる陰気(グルーミー)な表情をしているが、最もよくローズを表しているとの評判である。

像の上の碑文に To the Spirit and Life work of Cecil John Rhodes who loved and served South Africa (南アフリカを愛し奉仕したセシル・ジョン・ローズの精神と生活に捧げる)と彫られてあるのを見て、意味もなく気まぐれな悲哀が胸に満ち、そぞろに涙ぐむ心地がした。

この心地は、グルート・シューアの一部を占めるジェイムソン博士の邸宅のほとり、深い涼しい松並木や美しい花の冠をいただく生け垣の間を、かわいい目つきをしたリスの幾群れかが飛び交う平和な郊外の風光にふれてきたことによる複雑な気分から来たのか、またはこの山腹から茫漠(ぼうばく)として涯(はて)しなきテーブルのように平らな夕暮れの夢幻的な情趣(じょうしゅ)――それは泰西(たいせい)の風趣(ふうしゅ)に一貫して独特なる――にかられたためか、いまだに疑問である。

[ 戻る ] [ 次へ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です