帆船やヨットで必須のロープワーク10選 (2/2)

帆船やヨットは大小様々なロープにあふれています。
代表的な結び方をマスターしておきましょう。

同じ用途で何種類も結び方があります。また、同じ名前なのに、微妙に違っている場合もあります。

うろおぼえの知識の数を増やすより、応用のきく少数の結び方をしっかりマスターするほうがはるかに大切です。

今回は、後半の5つの結び方です。

ロープの途中に枝輪をつける:プルージックノット(Prusik knot)

プルージックノットは輪にしたロープを使います。用途に応じて、太さや長さを決めてください。左はマストに上るときの命綱のバックアップ用(3m)。

テントの張り綱に調理器具や洗濯物を吊すときにも使えて便利です。

輪を作るには、ここでは一重のテグス結びを使っています(テグス結びについては、このページの最後にリンクがあります)。

ステンレス管を結びつける対象(ロープやマストなど)とします。

次の図のように、下側(手前)のロープをマスト等に巻いてに輪の中に入れます。

こんな感じ。

これをもう1回。

2回入れたところ。消防関係では2回のことが多いですが、登山では3回が一般的かな。

自分の体重を支えなければならない場合は3回、品物を吊すだけなら2回でよいでしょう。

 

これで下側(手前)を引いて締めると、完成。

図の左右(上下)に引こうとする力(荷重)がかかっても結び目はずり落ちません。結び目を緩めると、移動できます。

ロープの途中に輪をつける方法としてはバタフライノットなどもありますが、輪の位置を変えにくいので、キャンプなどでも、こちらの方が利用価値は高いですね。

続きを読む

ヨットの航海記の名著:『スプレー号世界周航記』ジョシュア・スローカム著/高橋泰邦訳

1977年、草思社(単行本)/

2003年、中公文庫BIBLIO

ジョシュア・スローカム(1844年~1909年)はカナダ東部、ノバスコシア生まれの船乗りで、1895年から1898年に足かけ三年かけて、世界で初めて一人乗りのヨットで地球を一周する航海をなしとげた。本書は1900年に出版され、ベストセラーとなった。

ジョシュアは子だくさんの農場に生まれ、靴職人として働いていたが、16歳で家を出た。沿岸航海の船で経験を積み、アイルランド行きの貨物船に乗り換えて大西洋を渡ってダブリンに到着すると、今度は中国行きの船に水夫として乗り組み、アジア経由でサンフランシスコまで航海した。この間、南米大陸最南端のホーン岬を二度まわる経験を積んでいる。

18歳で海技試験を受けて正式に二等航海士となり、一等航海士、船長へと階段を駆け上っていく。

22歳でサンフランシスコに定住し、米国市民となった。サケ漁や毛皮の取引に従事した後、また船乗りの生活に戻り、沿岸航海の船を経て、外洋交易に従事するバーク型帆船の船長となった。オーストラリアで妻とめぐりあって結婚し、家族を伴って船でアラスカへ向かい、サケ漁でとれたサケをサンフランシスコに運んだりした。二十代後半から四十代にかけての二十年間に、船長として八つの船を指揮した。日本にも寄港している。 続きを読む

『海のロマンス』(現代表記版)の紙本

システムトラブルでオンデマンド出版の紙本の刊行が当初の予定より遅くなりましたが、やっとできてきました。

単行本として一般的な四六判ですが、結構分厚いです。こんな感じ。


(右は岩波文庫版の『白鯨 上』)

 

電子書籍版は国内主要販売ストアで販売されていますが、オンデマンド出版の紙本はアマゾン Kindle、楽天ブックス/KOBO、東京三省堂書店で入手可能です。

帆船やヨットで必須のロープワーク10選 (1/2)

帆船やヨットは大小さまざまなロープにあふれています。
代表的な結び方をマスターしておきましょう。
同じ用途で何種類も結び方があります。また、同じ名前なのに、微妙に違っている場合もあります。
うろおぼえの知識の数を増やすより、応用のきく少数の結び方をしっかりマスターするほうがはるかに大切です。
ここでは、ヨットなどのプレジャーボートや海で役に立つ結び方8つと、キャンプなどでも重宝する結び方2つ、計10個を紹介します。

続きを読む

『海のロマンス』のオンデマンド出版による紙本について(最新)

オンデマンド出版担当の企業からの報告によれば、アマゾンから「システムトラブルは解消した」という連絡があったそうで、紙本の発行もまもなくと思われます(現時点で、まだサイト上での電子書籍と紙本の連携はできていないようですが)。

出版社(上記オンデマンド出版担当企業とは別です、念のため)の方からは、将来的なトラブル対策を兼ねて、オンデマンド出版のチャンネルを増やす旨の連絡が来ています。

アマゾンに加えて、楽天ブックス/KOBO、実店舗の東京・三省堂書店でオンデマンド出版が可能となるよう手配したそうです(8月下旬には実現見込み)。どこで購入してもまったく同じです。

ちなみに電子書籍の方は従来から国内の主要販売サイトで入手可能になっています。

なお、電子書籍は税抜き価格で500円ですが、紙本の方はその7,8倍の4000円近くとかなり割高になります。標準的な電子書籍の表示で700ページ、四六版の紙本で550ページ程度と、普通の新書の2~3倍程度の分量があるのに加えて、カラーの図版がかなりあるためです。

判型を大きくして、モノクロにし、さらに活字を小さくして二段組みにでもすると、多少は安くなるようですが、そうなると、一定の年齢以上の方には字が小さすぎて読みにくい、、、など、なかなか一筋縄ではいきませんね。

ちなみに、高価な紙本の収益は安価な電子書籍より少ない(4000円近い価格でもほとんど利益が出ないとか(^_^;

サイトの(プチ)リニューアル

過去の海の冒険だけでなく、現在進行中の冒険についても取り上げる予定で以前から準備を続けていましたが、このところの新型コロナウイルスの流行の広がりで中止が相次ぎ、なかなかきびしい状況ですね。

そこで、外観はほとんど変わりませんが、サイトの内容について今後は「海の冒険に関する名著の紹介」と実際に冒険を楽しむための基礎的な知識や技術について取り上げていきます。

『海のロマンス』(現代表記版)のオンデマンド出版 ― 続報、続々報

8月5日現在、どうも状況は改善されていないようです。

オンデマンド出版担当企業からの報告は下記のようになっています。

=========引用開始=========================
【重要】Amazon販売レポート不具合について

7月29日に報告しておりますAmazon販売レポートの不具合ですが、弊社が検証したところ、本日8月5日現在も当該修正は完了していない状況です。
Amazonには修正完了の見通しについて問い合わせていますが、現時点では明確な回答をいただいておりません。

=========引用終わり=========================

こちらとしては打つ手がない状況ですね。

オンデマンド出版は1部から印刷製本して出版されるため、どうしても割高になりますし、さらに『海のロマンス』は通常の単行本2冊分程度の分量があるため、かなり高額になってしまいます。
電子書籍は費用対効果が高いので、こちらでお楽しみください。


アマゾンでのオンデマンド出版(POD)関連のトラブルについて、Amazonから関係会社にシステム変更を原因とする不具合で、「7月末頃を目途に問題の修正が完了する見込み」と連絡があったようです。ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちください。


米窪太刀雄著『海のロマンス――練習帆船大成丸の世界周航記』(現代表記版)の電子書籍版は7月18日(海の日)に発売されました。

オンデマンド出版用の関係ファイルも提出済みで、紙本については本日7月28日発売の予定でした。

が、アマゾンのキンドルと連動したオンデマンド出版のシステムトラブルのため、現在「原因調査中」で、発売時期は未定となっています。

先月から少なくない書籍で販売実績があるにもかかわらず売り上げゼロやマイナスのデータが報告されるというトラブルが生じていたのですが、今月下旬になって、それが世界的に発生していると判明したようです。結構深刻な問題のようで、長引くかもしれません。

この件については、進展がありしだい改めてご報告いたします。

野田知佑のカヌーの本

帆船の本、ヨット航海記の本とくれば、次はカヌー/カヤックの本ですね。

この分野では、今年亡くなった野田知佑(のだともすけ)の著作が質量ともに群を抜いています。

彼のカヌー関係の本や雑誌の記事は、登山が中心だった日本のアウトドアシーンのイメージをがらりと変え、カヌーでの川下りや犬をつれて旅することが、今では違和感なく受け入れられるようになってきています。

というわけで、今回は彼の著作リストです。

  • 『カヌー犬・ガク』野田知佑著、小学館
  • 『カヌー式生活』野田知佑著、文藝春秋
  • 『ガリバーが行く』野田知佑著、新潮

  • 『カワムツの朝、テナガエビの夜――こぎおろしエッセイ』野田知佑著、小学館
  • 『笹舟のカヌー』野田知佑著、藤岡牧夫(イラスト)、小学館
  • 『ささ舟、四万十川を行く』野田知佑著、藤岡牧夫(イラスト)、岩崎書店

  • 『ささ舟カヌー 千曲川スケッチ』野田知佑文、藤岡牧夫(イラスト)、平凡社
  • 『さらば、ガク』野田知佑著、文藝春秋

  • 『さらば、日本の川よ――野田知佑のカヌーは座敷』野田知佑著、思想の科学社
  • 『しあわせな日々――カヌー犬・ガク写真集』野田知佑著、小学館
  • 『ダムはいらない! 新・日本の川を旅する』野田知佑著、小学館
  • 『ともにさすらいてあり カヌー犬・ガクの生涯』野田知佑著、文藝春秋
  • 『ナイル川を下ってみないか』野田知佑著、ネイチュアエンタープライズ
  • 『なつかしい川、ふるさとの流れ』野田知佑著、新潮社
  • 『のんびり行こうぜ――こぎおろしエッセイ』野田知佑著、新潮社
  • 『ハーモニカとカヌー』野田知佑著、新潮社
  • 『ぼくの還る川』野田知佑著、新潮社
  • 『ユーコン川を筏で下る』野田知佑著、小学館
  • 『ユーコン漂流』野田知佑著、ネイチュアエンタープライズ

  • 『ゆらゆらとユーコン』野田知佑著、新潮社
  • 『雲を眺める旅――アラスカの川辺から』野田知佑著、本の雑誌社
  • 『魚眼漫遊大雑記』野田知佑著、新潮社
  • 『今日も友だちがやってきた』野田知佑著、小学館

  • 『小ブネ漕ぎしこの川』野田知佑著、新潮社
  • 『少年期』野田知佑著、文藝春秋
  • 『世界の川を旅する』野田知佑著、藤門弘共著、世界文化社
  • 『川からの眺め』野田知佑著、新潮社
  • 『川の学校』野田知佑著、三五館
  • 『川へふたたび――野田知佑カヌーエッセイ・ベスト』野田知佑著、小学館
  • 『川を下って都会の中へ』野田知佑著、新潮社
  • 『南の川まで』野田知佑著、新潮社
  • 『南へ――新・放浪記2』野田知佑著、文藝春秋
  • 『日本の川を旅する―カヌー単独行』野田知佑著、新潮社
  • 『北の川から』野田知佑著、新潮社
  • 『北極海へ――あめんぼ号マッケンジーを下る』野田知佑著、文藝春秋
  • 『本日順風――野に行く者の身の上相談集』野田知佑著、地球丸
  • 『旅へ――新・放浪記』野田知佑著、文藝春秋

どうでしょうか、この数。
雑誌連載が主ですが、水に限らず冒険やアウトドア系で、これだけ多作な作家は他にいませんね(それだけ、出せば売れるという評価が定着しているということでもあるのでしょう)。

『海のロマンス』(現代表記版)の刊行は7月18日(海の日)

米窪太刀雄著『海のロマンス―― 練習帆船大成丸の世界周航記』(現代表記版)は

7月18日(海の日)に刊行予定です。

 

システムの都合上、電子書籍版の刊行後、紙本(ペーパーバック)が利用可能となるまでに最大1~2週間かかる可能性があります。

※ 電子書籍に関しては国内のほとんどの主要電子書籍販売サイトで入手可能ですが、販売開始時期は多少前後します(こちらも1~2週間程度)。

あしからずご了承ください。

ヨットの航海記の4と遭難・漂流の記録(実験を含む)

ヨットの航海記の紹介も4回目。
小さなヨットの航海がまぎれもなく冒険だとみなされていた、ある意味で幸福な「個人による大航海時代」に出版された航海記です。

絶版になったものや電子書籍として復活してきたものなど、さまざまですが、本の一生も人の一生と同じで、思いがけない出会いや予想もできなかった展開になることもあります。

ヨットの航海記

・『太平洋へ行こう』徳間順一著、創英社/三省堂書店

・『続 太平洋へ行こう』徳間順一著、創英社/三省堂書店

・『アラウンド・アローン』白石康次郎著、文藝春秋

・『ヨット・キザッペの日本周航』奥原一美著、アルゴ企画

・『極楽とんぼ、大西洋を渡る』中島正晃著、舵社

・『タニア18歳、世界一周』タニア・アービィ著、新潮社

・『大航海』アミール・クリンク著、文藝春秋

・『ヨーロッパ運河ヨットの旅』田中憲一著、新潮社

・『たのむぞ!欧美号』舩木匡著、自費出版

・『二人だけのヨット旅行(上)(下)』神田真佐子著、舵社

・『コックピットのひとりごと』村上由香著、河出書房新社

番外編として、ヨットに関連する遭難や漂流の(実験を含む)記録

・『ヨットが呑まれた』朝日新聞社会部著、朝日新聞社

・『アカリ号の実験』八巻英輔著、二見書房

・『実験漂流記』アラン・ボンバール著、白水社

・『大西洋漂流76日間』スティーヴン・キャラハン著、早川書房

・『ザ・サバイバル』平島正夫著、リヨン社

・『たった一人の生還』佐野三治著、新潮社

で、そうならないためのシーマンシップに関連した本がこちら

・『アナポリス式シーマンシップ』ジョン・ロスマニエール著、鯨書房

・『海図の読み方』沓名義/坂戸直輝著、舵社


『ヨットマンの航海術』鈴木邦裕著、海文堂

・『クルーザー教室』関根久著、舵社

・『インナーセーリング』青木洋著、舵社

・『プレジャーボートのためのGPSナビゲーション』高槻和宏著、舵社

・『スピン・ナ・ヤーン』野本謙作著、舵社

・『プレジャーボーティン具のための気象ハンドブック』馬場邦彦著、舵社

・『海の信号旗』杉浦昭典著、舵社

・『海の交通ルール』鈴木三郎著、舵社