ヨーロッパをカヌーで旅する 45:マクレガーの伝説の航海記

ジョン・マクレガー著

現代のカヤックの原型となった(帆走も可能な)ロブ・ロイ・カヌーの提唱者で、自身も実際にヨーロッパや中東の河川を航海し伝説の人となったジョン・マクレガーの航海記の本邦初訳(連載の第45回)
今回から第八章になります。ジョン・マクレガーのいう「世界一美しい湖」であるルツェルン湖(スイス)にカヌーを浮かべるところから、旅が再開されます。
robroy-45
イミンで例の三人の釣り客が蒸気船に乗って出発すると、小さな桟橋は静かになった。ぼくは丘をこえたルツェルン湖までカヌーを荷馬車で運んでもらう値段の交渉をした。距離にして徒歩で三十分ほどだが、料金は五フランで決着した。宿の主人はカヌーに非常に興味を持っていたので、彼自身が荷馬車のたずなを持ってくれた。ところが、道すがら、会う人ごとにその話をしてまわるのだ。しまいにはリンゴの実の収穫をしている男たちにまで声をかけるほどだった。声をかけなければ、連中は作業に夢中で、ぼくらが通過したことすら気づかなかっただろう。こういう場合、スイスでもドイツでも定番のジョークが飛び交う。「ちょっとアメリカまで行ってくるよ!」と叫び、気のきいた台詞(せりふ)だろ、という風にニッと笑うのだ。

ぼくらがやってきたルツェルン湖畔の集落は、あの有名なキュスナハトだった。とはいえ、一帯の村ぜんぶがキュスナハトを自称しているので、そのうちの一つということになる。中央ヨーロッパには、こういうハネムーンの旅行先に選ばれる、絵にかいたように美しい町がたくさんある。ぼくらの周囲には例によって物見高い連中が集まってきたが、今回は宿の主人が同行して一席ぶってくれたので、カヌーを無事に隣の湖に浮かべることができた。おそらく、ここは世界で最も美しい湖だ。

このルツェルン湖はスイスの四つの州にまたがる複雑な形状をしている。他の人たちと同じように、ぼくもこれまで何度かここに来たことはあるのだが、改めて、実際にカヌーを漕いで、ここの景色がどんな風に目に飛びこんでくるのか、複雑な地形でどんなふうに風が吹いているのかを肌で知ろうと思ったのだ。この湖で蒸気船に乗ったり湖畔を散策したことのある人なら、カヌーで湖をめぐってみてはじめて、その美しさかがわかる、というぼくの気持ちを理解してくれるのではあるまいか。

というわけで、ぼくは木々が生い茂って普通は見えないような場所もすべて、一つ一つ自分の目で確かめ、これはという場所には上陸し、湖面に見え隠れする岩礁も訪れたりすることができた。崇高な氷河をいただく高峰を眼前にして、自分の気がすむまで遊ぶことができた。大きなうねりにカヌーごとが持ち上げられたり、行きすぎる雲が丘に灰色の陰を落としていたり、蒸気船の赤い旗が遠く陽光をあびてひらめいているのが見えたりもした。荷船のオールが水をはねる音が、漕ぎ手の歌と重なって聞こえてくる。カヌーの移動につれて周囲のすべてが少しずつ変化し、いろんな想いが浮かんでは流れ、讃嘆する美の対象も変化していく。その間も、顔を上げるとずっと、そこには偉大な山々がそびえているのだった。

「動かざることテネリフェかアトラスのごとく」*1

夏の盛りでも、見上げると、はるか高峰の冠雪が冷たく光っている。──視線を海面にまで下ろしてくると──楽隊の音楽をかなでながら、蒸気船が力強い外輪で白い波をかきたてて進んでいた。蒸気船とすれ違うことができるように、カヌーのスピードをあげる。カヌーが引き波に持ち上げられるところまで近づくと、蒸気船のデッキにいたジョーンズとスミスが叫んだ。「おいおい、あれってロブ・ロイのカヌーじゃないか」 すると、ジョーンズ夫人とスミス家の三人の娘たちがそろって本から顔を上げた。彼女たちは一六八二年からのスイスの歴史*2やスイスの景観について述べた文章を読んでいたのだ。自分の目の前で、まさにその景色が展開されているのに、そうした山や森や湖が現にそこにあるのに、それには気づかずガイドブックに読みふけっていたのだった。



*1: 天使の軍勢と対峙(たいじ)したサタンの様子を描いた、ジョン・ミルトンの『失楽園』の一節。
テネリフェは大西洋にあるカナリア諸島の火山島。アトラスはアフリカ北西部にあるアトラス山脈を指す。


*2: スイスが神聖ローマ帝国から独立したのが十七世半ば(1648年)。
宗教改革にからむ宗派の対立などでフランスから亡命してきたユグノー派キリスト教徒(カルヴァン派)により時計産業が発達していく。

[ 戻る ]    [ 次へ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です