現代語訳『海のロマンス』147:練習帆船・大成丸の世界周航記

米窪太刀雄(よねくぼ たちお)著

夏目漱石も激賞した商船学校の練習帆船・大成丸の世界周航記。
若々しさにあふれた商船学校生による異色の帆船航海記が現代の言葉で復活(連載の第147回)

フリーマントル
一、暖かき泊地の灯

八月二日の深更当直(ミッドナイト・ウォッチ)に立った三十人の船乗りの心は、ただもう、らちもなくはしゃぎきって、晴れやかな軽い、喜ばしい情緒は、穏やかに伸びた眉のあたりにはっきり示されている。

寒い、辛い九十日の大航海の後、安らかな泊地に入るという嬉しい期待は、人々が描いている美しい想像をさらに美しく描く。

煌々(こうこう)と眉に焦げつくように、右舷(うげん)船首(バウ)近くで光っているロットネス島の灯台を見ては、喜びの情は目にも輝き、静かなる湾内の水を染めては、かのなつかしい、豊かな、暖かい港の灯(ひ)が、紅(あか)く、青く、紫(むらさき)に映(うつ)りあう様(さま)を見ては、思わず、

妖女(ようじょ)の叫喚(さけび)ものすごき!
「カボ・トーメント*」の冬の夜(よ)や!!
災禍(まがつみ)の雨よ、怪異(ふしぎ)の霧!
自然の暴威(あらび)、世にも怖(おそ)ろし!
四季の色なす花の雲、
匂(にお)うは甘き潮(しお)の香(か)よ、
舟歌のせて我が船は、
今日の泊(と)まりに急ぐなる。
藻(も)の花しづく、華(はな)やかに、
荒(すさ)みし心、ひきたつる、
紅(あか)き暖かき、泊(と)まりの灯(ひ)、
アルハンブラの夜(よ)はふくる。

* カボ・トーメント  アフリカ大陸・喜望峰の旧称(「暴風の岬」)

と口ずさむ……。静かに、嬉しき胸を抱(いだ)いて。

二、白鳥の流れ

西オーストラリア第一のスワン河が、遠く東方のダチョウが住む酷暑の砂漠のような土地から湧き出して、あるときは小魚(ざこ)を追う白鳥(スワン)の首のようにうねり流れ、あるときは淀(よど)みも緩(ゆる)やかに、野ユリが咲き乱れている牧場をうねって曲がり、あるときは月明かりの下で恋に泣くオーストラリア娘の白い額を、緑濃(みどりこ)いニレの森かげにひたして、ついに果てしもない南インド洋に向かう欣喜(よろこび)の勝ちどきと、川としての美しく若き生を捨てる哀悲(かなしみ)の嘆きとを発するところに、わがさびしきフリーマントルの町はたたずんでいる。


<Source: Wikimedia Commons、Western Australia。地名等を追加>

花は紅(くれない)にかんばしく、万有(ばんゆう)みな生の欣喜(よろこび)を祝する弥生(やよい)の春、そぞろに暖かき恵みの光線(ひかり)におびき出(いだ)されて、みずから茨(いばら)を踏み分けて浮かれ出る蛇(くちなわ)のごとく、わがスワン河は海に向かって流れ来るのである。

羞恥(はにかみ)の色もゆかしき処女(おとめ)のごとく従順に淀(よど)んでは、パース市郊外では湖水(みずうみ)のように水をたたえ、燃ゆるばかりに紅(あか)き遊船(ヨット)の帆影(ほかげ)を映(うつ)し、アップルクロスでは音をたててとうとうと流れる早瀬(はやせ)の姿を示し、ペパーミントでは、緑陰や荘園の間に品よき入り江を形づくっては、情趣ある水郷の眺めを見せている。

ケープタウンで「巨人」たるテーブルマウンテンから哲理と神秘との思索を暗示されたぼくらは、すべてが溶け合って、迫(せま)らず急がず、太古(たいこ)より未来へ、大海原から悠久(ゆうきゅう)へと続く時の流れと共に、砂漠から平原へ、平原から海洋(うみ)へと、流れて倦(う)まず、注(そそ)いでつきない、この「慈母(じぼ)」スワン河からは、限りなき情操と豊かなる悠安(ゆうあん)と、暖かくして公平なる神意(プロビデンス)とを享受せらるべきである。

フリーマントルは、このスワン河の河口を利用して、南北二本の防波堤(ブレイクウォーター)を遠く西方に突き出し、凶暴な北風(ならい)を阻止(そし)した人造の河川港である。

南岸にある木造の桟橋(さんばし)には、二列の引き込み線があって、河幅二百尺余(約七十メートル強)のスワン河の中央部にも三個の浮標(ブイ)がある。

船舶の出入りはかなり頻繁で、貿易品目は羊毛、機械類、生鮮食料品、果実等で、ロットネス島と河口との間は仮泊(かはく)用の外港となっている。西オーストラリアの首府パース市とは鉄道で連絡され(距離十二マイル)、さらにミッドランドを経て深く三百マイルの内地にまで続いている。

現在は人口わずか八千のさびしい一海港にすぎないが、地理的にインド洋に面しているため、欧米との貿易ではすぐれた玄関港となる資格は十分にあるから、近頃では、フリーマントル人士はしばしば集まっては、首都メルボルンまで延長した「オーストラリア横断鉄道」の敷設(ふせつ)を企画している。

[ 戻る ] [ 次へ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。