現代語訳『海のロマンス』143:練習帆船・大成丸の世界周航記

米窪太刀雄(よねくぼ たちお)著

夏目漱石も激賞した商船学校の練習帆船・大成丸の世界周航記。
若々しさにあふれた商船学校生による異色の帆船航海記が現代の言葉で復活(連載の第143回)

恐ろしき一夜

連日の大シケで、空はもとより暗く、海はもとより荒れている。強い風にむち打たれ、荒れた海に蹴(け)られて、船は牝牛(めうし)のように泣きながら、夜となく昼となく、ひたすらに東へ東へと走っている。

「喜望峰通過、全員無事」の報告を無線電信で学校に知らせたのは、十七日の深夜であった。

喜望峰から三百マイルの沖を無事に通過した十七日は、風浪(ふうろう)によって示される最も偉大な活力による現象の、呪(のろ)われた対照的な物として、練習船は、最も貴重で最も堅牢(けんろう)な四枚の帆を、あわれなる犠牲(いけにえ)として風の神の御前(ごぜん)に献上(けんじょう)した。

十九日になると、風はその横暴の極に達し、呼吸(いぶき)するごとに、例の薄気味悪い烈風(ガスト)を送るようになった。

そして海はこれまで体験したことのない大シケとなり、犬歯(けんし)のようにかみ合う三角波の間を、見るだけで肝をつぶすような大きなうねりが、むんずとばかり横ざまに押しつぶすようにぶつかってきて、舵もほとんどきかない。こんな状態なので、波を鎮(しず)めようと機械油が船内の四カ所から流され*、舵手は四人に増加され、救命索(きゅうめいさく)が張られ、すべての艙口(はっち)は閉鎖され、帆は前帆一枚のみとし、ブレイス**には「増しがけ」をかけた。

* 油を流す  帆船の航海記を読んでいると、嵐で波を鎮めるために油を流すという表現がよく出てくる。これは、紀元前のギリシャから、大航海時代をへて、蒸気船の時代になっても、実際に行われていた。
タコを飛ばして雷の実験をしたフランクリンも、渡英したときにイギリスの湖で油による波の鎮静効果の実験を行っている。
油は水より軽く表層に薄い膜となって広がっていくため、物理的には波の「減衰効果がある」とされる。風が吹くと波が立つが、その主因は摩擦なので、油が摩擦を減らして風はそのまま滑り過ぎていくので波が小さくなるのだとか……
(どうにも信じられないので、このページの最後に、ハーバードの先生が実験をした動画(英語)を掲載しておきます。信じる信じないは、その人しだいということで……)

* ブレイス  帆船の横帆を展開する帆桁(ヤード)の角度を調節するロープ。増しがけは、固定するロープを増やして頑丈にすること。
ちなみに、縦帆は現代のヨットのように、縦方向のマストやワイヤーに取りつけた帆、横帆は江戸時代の千石船のように、水平方向の棒から下に垂らす形の帆。

こうして潜航艇のように防御態勢を備えた後、さて舷外(げんがい)は……と望めば、なんとも言えず心細い状況になっている。

冷たい雨がさびしく細々と降っている下を、鼻といわず口といわず、眼や耳の別なく、あらゆる顔にある出入口を封鎖する勢いで、どう猛な風がビューッと吹き上がってくる。

ほてった顔にはいつのまにか水沫(しぶき)が降りかかって、こそばゆくも白い塩となっている。

当直士官は血眼(ちまなこ)になって、風をいつも真後方(ライトアフト)から受けるようにし、少しでも横風や横波を受けまいと、声をからして舵手に命じ、励ましている。やがて、舵で手をくじく者がたくさん出てくる。

後方を見れば、何千万という巨大な魚の群がやって来て、いざひと飲みにしようとアゴを鳴らすかのように、汚(きたな)くにごった、おそろしく巨大な追い波が、鉛色の海と黒い空との間をところせましと、波状形(はじょうがた)にのたうちながら、まっしぐらに追いかけてくる。

その見るも恐ろしい追い波が船尾(プープ)のカウンターのところで力(ちから)及ばずというように、ドサリと砕(くだ)けるとみるや、気味わるく泡だった波がヒタヒタと船縁(ブルワーク)を漬(ひた)して、ぐるぐると渦巻(うずま)きながら、船を追い越してスースーと走っていく。この黒い空と、白茶けた海とのすごい舞台に、さらにすごみを出そうとしてか、激しいスコールが十分おきぐらいに太い縞(しま)をなして降る。

黒い海の上を、黒い船が、黒い風を受けて、不安にかられつつ走っていく。

と! はるか南の水平線で、すごい、しかし力のない雷光(いなづま)がパーッと赤く燃え上がる。人魂のようだ。お寺の暗い本堂で鬼面(きめん)におどかされたように震えがとまらない。

この雷光が燃え上がるたびに、黒い帆のかげが、青く白く泡立つ海面(うなづら)に写って、壮絶といおうか快絶といおうか。士官(オフィサー)もこれではとても辛抱できないと思ったか、いままでかつてしたことのない下甲板(げかんぱん)艙口(ハッチ)の閉鎖準備を命じた。

真面目(まじめ)にして、沈鬱な、気味の悪い気分が、人々の頭から頭へと伝わっていく。口には出さずとも心のうちで覚悟を決めた者は、ただぼくばかりではないだろう。

上甲板に今を盛りと跳梁(ちょうりょう)する風の神の絶叫と、帆の悲鳴を聞きながら、冷たい心を抱いて、下甲板(げかんぱん)艙口(ハッチ)の側(わき)に立ったとき、友の一人が、

「本船も今夜で終わりかな……」

と、つぶやくように私語したのを聞いたときの、おそろしい、悲しい、真面目な律調(リズム)は、いまだにまだ鼓膜のどこやらに響いているような気がする。

[ 戻る ] [ 次へ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。