現代語訳『海のロマンス』133:練習帆船・大成丸の世界周航記

米窪太刀雄(よねくぼ たちお)著

夏目漱石も激賞した商船学校の練習帆船・大成丸の世界周航記。
若々しさにあふれた商船学校生による異色の帆船航海記が現代の言葉で復活(連載の第133回)

三十二億円の借金

ブラジルに存在する計り知れないほど膨大な資源の価値が具体的な数値に基づいて知られるようになったのは、ほんとうに最近のことである。現に、まっさきにブラジルに目をつけた英国が盛んに投資を始めたのも最近一九〇〇年代以後である。ブラジル国は大まかに言って、英国の資本とイタリアの労働力とでその国富を樹立した、とブラジル国政府自身が言明するほどに、同国の金融界に英国の根はすこぶる深く張られているわけである。

とかく引っ込み思案のジョンブルの目覚ましい働きぶりを見て、ベルギーや北米合衆国、フランス、ドイツ、カナダ連邦なども争って、この世界的な商戦の場に参入する意気込みを示した。ここにおいてか、期せずして同国経済界において優先される分野が暗黙のうちにできあがった。すなわち英国債はブラジル政府、リオ市、リオ州等における重大な公共物の設計に使用され、フランス国債は農業、ことに製糖業を独占し、ベルギー国債は鉱業、紡績業、電灯工事業の支払いにあてられ、ドイツ国債は製造工業方面に新進気鋭の意を示し、北米の国債は近来さかんに資本の流入を画策して鉄道、市区改正、築港、ダイヤモンド発掘等の発展に向けられ、カナダ国債は電車、電灯、水力事業等に利権拡張を計画している。

しかして、従来、ブラジル国内の経済界の勢力序列は、おおまかに英、仏、伊、ベルギー、合衆国、カナダ、ドイツであったが、近来、英国がさらに有望なる資源を有する隣国アルゼンチンに秋波を送って、その方へ寝返りをうったのと、新進気鋭のドイツが盛んに発展するのと(移民は近来イタリアに次ぐ盛況で、コーヒー農園主(ファゼンドロ)の成功者の大部分はドイツ人)、合衆国が鋭意投資を企てているといったことで、だいぶその順序が変わってきている。

一九一一年、時の蔵相セノルトレドの演説によれば、同年にブラジルで民間(政府施設事業はこれに含めない)に投資された公認の外国投資額は、ブラジル人経営事業に対して九百万円、外国人経営事業に対して二億円を計上しているが、合衆国はその一位を占め、約一億四千万円の投資をなしているという。これによって、北米合衆国の金融力がいかに力強くブラジル国に作用しているか、またブラジル国の産業、実業の実権がことごとく外国人の手中にあるのを知ることができる。

ところで、これらの年々の外国からの投資は主としてブラジル国の生産業、産業振興、商業上の発展進歩の準備(たとえば鉄道や海運のごとき運輸機関の完成、築港、農工銀行の設立、商業組合の組織、着実な企業熱の振興、農工業機械の輸入等)に流用されているが、膨大すぎて正確に算定できないブラジル国の天然資源にはほとんど一指(いっし)も染めていないと言ってよい。今までに七億円を投資した鉄道業はわずかに沿岸に集中し、例のアマゾナ州のごとき内地は一年に六ヶ月間の雨季の河水氾濫を利して、からくも「天然交通網」にその運輸機関を委ねているといった有様である。

しからば、今日、ブラジル国の所有する外債額は全部でいくらあるかというと、それはわからない。しかし、いろいろの方面から研究してみると、およそ三十億ないし三十五、六億のところにとどめを刺すらしい。まずまず三十二億円の相場である。

さるブラジル政治家の口吻(こうふん)を借りて言えば、いったい各列国からの投資額は、それらの国からの移民と同様に明瞭な統計的計上はできない。たとえば、連邦政府債、市債、州債その他の種類の外債の発行がいかに各列強の間に配分されているかは判明するとしても、いかなる傾向の公債証書が果たしていかなる程度においてどれほどの人の間に配布されているかは、とうていわかるものではない。

たとえば、一九一一年にサウス・アメリカン・ジャーナルの調査報告によれば、ロンドンの株式取引所にある公債証書の総額面額は十六億四千五百万円(うち九億八千万円は連邦政府債、三億三千万円の使途は鉄道)とあるのに、他の調査による英国債は十九億二千万円とある。これらの英国債は主として、鉄道、築港、市区改正、電車、電灯、水力等の諸事業およびゴム採取、鉱石採掘、砂糖精製業に使用されたものである。であるから、共和政府の外債、各州の外債、その他、各市債、民間の外債(最少見積額十億万円)等を総計すると、一九一二年のブラジル国に投資された外資額はおよそ三十二億円ということに帰着するらしい。――公債証書の控え書に基づいて――

ところで、ブラジル国の外債の評判はどうかというと、まんざらでもないらしく、ロンドンの株式取引所の好意的態度は、欧州諸国が一般にブラジル国の外債を歓迎することを示している。目下のところ、さしたる相場の暴騰も暴落も認められないとのことである。

[ 戻る ] [ 次へ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です