ヴァンデ・グローブ(単独無寄港世界一周ヨットレース) 白石康次郎氏もまもなくフィニッシュ

昨年11月にフランスをスタートしたヴァンデ・グローブ(単独無寄港世界一周ヨットレース)もそろそろ大詰めです。

トップはすでにフィニッシュしました。

ヨットの冒険航海ではフランスが圧倒的に強くて、これで1989年の第一回からフランス艇が九連覇しています。

日本から参加している白石康次郎氏はまもなく(今週中には)フィニッシュしそうです(下は各艇の航跡図)。

フィニッシュ付近を拡大すると、フランスとスペインにはさまれたビスケー湾に入ろうとしている2艇があります。

中央の黄色の大きな船の下の灰色が白石艇(DMG Global One)。

画面左上の枠は白石艇の詳細データを表示させたところ。

外洋レースなのにリアルタイムで進行状況が一目でわかりますね。

前回は資金不足のため、前々回の中古ヨットを購入しての参戦で、途中でディスマストしてリタイヤでしたから、今回は雪辱となりそうです。

半世紀以上前の1962年に23歳の堀江謙一氏が全長6メートルほどの合板製ヨット・マーメイドで「太平洋を横断」した時は約三ヶ月(94日)を要しました

白石康次郎氏がこのまま順調に航海してフィニッシュすれば、堀江さんとほぼ同じ三ヶ月で「世界一周」したことになります。時代の変化は激しいですね。

ヴァンデ・グローブのオフィシャルサイトはこちら
※英語・フランス語なのでご注意ください。

日本語では、舵オンライン(日本で唯一のヨット雑誌を発行している出版社)でレポートを読むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です