海の冒険の本: ヨットの航海記 その2

ヨットの航海記の2です。

ここで紹介するのは、小さなヨットの航海がまぎれもなく冒険だとみなされていた、ある意味で幸福な「個人による大航海時代」に出版された航海記です。

絶版になったものや電子書籍として復活してきたものなど、さまざまですが、本の一生も人の一生と同じで、思いがけない出会いや予想もできなかった展開になることもあります。

入手困難なものほど、手に入れたときの喜びも多くなります。
図書館や古書店めぐりという「本の海での冒険」を楽しみましょう。

  • 『ヨットが好き』 金子純代著 朝日新聞社
  • 『邂逅の航海—台湾から長崎へ 不思議なめぐり会いに導かれたヨットの旅』 上重憲二著 舵社
  • 『ヨット野郎の世界漫遊記』 城所千万著 成山堂書店
  • 『大海原の小さな家族』 フランス&クリスチャン・ギラン著 ハヤカワ文庫
  • 『北極圏ヨットの旅』 ロバート・グールド著 心交社
  • 『ひねもす航海記』 国重光熙著 リーダーズノート
  • 『白鷗号航海記』 栗原景太郎著 マリン企画
  • 『大航海—南極から北極へ660日間ヨットひとり旅』 アミール・クリンク他著 文藝春秋社
  • 『ダブ号の冒険』 ロビン・リー・グレアム著 小学館
  • 『七ノットの世界—ヨーロッパから大西洋横断・カリブ海へ』 黒宮康明他著 成基学園
  • 『リブ号の航海』 小林則子著 文春文庫
  • 『優しく海に抱かれたい』 小林則子著 集英社
  • 『ヨットアン5のつぶやき航海記—日本列島周航22昼夜Twitter』 駒井俊之著 eブックランド
  • 『気まま、我儘、風まかせ—ヨット「MANA」の地球2/3周クルージング』 駒崎且郎著 舵社
  • 『孤闘—FightingAlone』 斎藤実著 角川書店
  • 『世海一周航海記 ヨットで1113日、5万キロ走破!』 坂口正視著 文芸社
  • 『世界一周子連れ航海記』 迫正人著 集英社
  • 『ヨット招福の冒険—世界一周クルージング』 笹岡耕平著 成山堂書店
  • 『風帆心─ヨット<招福号>南太平洋航海記』 笹岡耕平著 牧野出版
  • 『列島ぐるりヨットの旅─「招福」のクルージングレポート』 笹岡耕平著 成山堂書店
  • 『夫婦で世界一周 夢丸物語—定年後にヨットで出発!』 澤茂夫著 エイ文庫
  • 『独りだけの海—女性による初の世界一周ヨット単独航海の記録』 ナオミ・ジェームズ著 田中脇子訳 舵社
  • 『たった一人の海』 アラン・ジェルボー著 平凡社(世界教養全集24収録)
  • 『信じられない航海』 トリスタン・ジョーンズ著 舵社
  • 『史上最年少ヨット単独無寄港世界一周 七つの海を越えて』 白石康次郎著 文藝春秋社
  • 『チェリブラ3世航海記—太平洋横断』 杉山四郎著 柳原出版
    『スプレー号世界周航記』 ジョシュア・スローカム著 高橋泰邦訳 草思社
  • 『手づくりヨットで日本一周6500キロ─ヤワイヤ号の冒険』 関屋敏隆著 小学館
    『それから─14歳太平洋単独横断』 高橋素晴著 日刊スポーツ出版社
  • 『走れ! サンバード』 武市俊著 舵社

(まだまだ続きます)

その1はこちら

海の冒険の本:ヨットの航海記 その1

 

海の冒険の本:ヨットの航海記 その1

かつて昭和の時代の日本では、ヨットの航海記といえば、各出版社が競って出版していた花形ジャンルの一つでした。

海が未知のフロンティアではなくなった現代、冒険航海の本も「最高齢」「最年少」「世界初」といったキャッチフレーズがなければ、なかなか受け入れてもらえず、出版されることもまれになってきました。

これからは何をしたかではなく、つまり、単に体育会系の「やったぜ、俺」的なものではなく、「何を感じどう思ったか」という、時代をこえて普遍的に価値のあるものをどう伝えるか、が重要になってくるでしょうね。

ここで紹介するのは、小さなヨットの航海がまぎれもなく冒険だとみなされていた、ある意味で幸福な「個人による大航海時代」に出版された航海記です。

絶版になってすでに入手困難なものも多いのですが、図書館や古書店で探すという「本の海での冒険」としての楽しみもありますよ。


  • 『海とぼくの「信天翁」』 青木洋著、 PHP研究所
  • 『はるかなる海の唄』 浅沼良男著、 講談社
  • 『ふたりぼっちの太平洋』 石川雅敏・紀子著、 自費出版
  • 『ふぁざあぐうすの海—父とひとり娘の大西洋横断記』 石浜恒夫著、 学習研究社
  • 『風になった私—単独無寄港世界一周278日の記録』 今給黎教子著、毎日新聞社
  • 『アジズ号とわたし—大西洋単独横断記』 ニコレット・ミルンズ・ウォーカー著 岡本浜江訳 、日本リーダーズダイジェスト
  • 『水平線の少年』 牛島龍介著、 朝日ソノラマ
  • 『小さな洋上教室』 内海勝利著、 玉川大学出版部
  • 『夢をかたちに—ヨット「椰子丸」の南太平洋クルージング』 海輪光正著、舵社
  • 『地球は小さなタマッコロ—波切大王航海記』 大儀見薫著、 教育社
  • 『海のレゾナンス—単独世界一周 ヨット、リサ号と』 大滝健一著、 舵社
  • 『かあちゃんのヨット大冒険』 大平幸子著、 講談社
  • 『港を回れば日本が見える ヨットきらきら丸航海記』 岡敬三著、 舵社
  • 『シンシアとぼくと太平洋—123日漕航横断記』 岡村精二著、 立風書房
  • 『ぼくの太平洋大航海—お父さんとヨットで太平洋横断155日間の記録』 岡本篤著 、講談社
  • 『たった二人の大西洋』 ベン・カーリン著、 大日本雄弁会講談社(講談社の前身)
  • 『コラーサ号の冒険』 鹿島郁夫著、 朝日新聞社
  • 『ブルーウォーター・ストーリー—たった一人、ヨットで南極に挑んだ日本人』 片岡佳哉著、 舵社まだまだ続きます。