現代語訳『海のロマンス』42:練習帆船・大成丸の世界周航記

米窪太刀雄(よねくぼ たちお)著

夏目漱石も激賞した商船学校の練習帆船・大成丸の世界周航記。
若々しさにあふれた商船学校生による異色の帆船航海記が現代の言葉で復活(連載の第42回)

eyecatch_01

邦人のホームシック

カリフォルニアに移住する人間がヤンキーから、同化しない頑迷な人種であるとか、野卑(やひ)にして現地のしきたりに従わない頑固者だとか、とかくの非難を受けるのみならず、実際に彼ら白人の高慢ちきの鼻柱をくだくほどの成功者が実に少ない真の原因はなんであるか。

日本人の多くは最初から、この五千里も離れた異国に永住し、かの古(いにしえ)の有名なるシボラの七都市*1のような世界を、二十世紀の現実世界にああいったバラ色の世界を生み出そうというような大きな抱負そのものを持っていない。彼らの多くが独身の若い身空(みそら)で渡米してくるのを見ても、このあたりの事情はわかる。そうして十に一、二で成功した──成功といわれる者の資産がようやく万の単位で数えられるくらいで、多くは十万にも足らぬ──と評判される者も、故郷に錦を飾ろうとして続々と帰国してしまう。ホームシックの患者は米国人ばかりと言い切れるほど、続々と帰国してしまう。

*1: シボラの七都市 - 大航海時代の底流にあった南米アンデス地方の黄金郷(エル・ドラード)伝説と同じく、長期にわたり何度も真剣な探索の対象となった、黄金にあふれた豊かな七つの「架空の」都市を指す。
七という数は、十二世紀にムーア人(北西アフリカのイスラム教徒)がスペインを征服した際に七人の司教が聖なる遺物とともに町を逃れたことに由来する。

であるから五年経っても十年経ってもカリフォルニアの天地に呼吸している者は、全家族をあげてほとんど帰化するつもりで碧眼(へきがん)異教(いきょう)の人々の間で生きていくと一大決心をした者をのぞけば、多くは帰らないのではなく、帰れない連中なのである。「イチゴを摘み皿を洗ってすでに十年たったが、いつまでも下積みから抜けきれない」といえばちょっと詩的であるが、清貧的な詩境はただでさえピイピイ風車の日本人には有難(ありがた)迷惑である。かかる境地は山内一豊(やまのうちかずとよ)の馬時代*2であっても敬遠すべきものである。

*2: 山内一豊の馬 - 山内一豊(1545年~1605年)は戦国時代の武将で、織田信長による京都御馬揃え(きょうとおんうまぞろえ)に出す馬がないとなげいていたところ、妻の千代が貯めていた金を差し出してくれたので名馬を買うことができて面目をほどこしたという逸話から、妻の内助の功をたたえる話として伝わっている。

移民制限が極端に厳守されている今日、米国航路の船には必ず少なからざる写真結婚の女子渡米者の数を数えるのは、珍奇にしてしかも最もわかりやすい説明になっている一現象である。実際、在留日本人の男と女との数の割合は注目に値すべきもので、従っていかに二十世紀の男護島(なんごとう)の住民が孤独寂寞(こどくせきばく)の念にうたれているか、いかに女性に対して憧憬(どうけい)の思いにそそられているかはおそらく想像以上であるらしい。

こうした好き伴侶、よき相手にめぐり合えなかった青年や壮年の者に忍び寄る、暗く絶望的な将来は哀(かな)しくも明確な類型になっている。放縦(ほうしょう)にして節制なき心身の惑溺(わくでき)に陥りつつ、恐るべき忌むべき結果に向かって転がり落ちるように生きていく様子は、政治家や海外視察を行う人々が特に留意すべき点であろうと思う。この点において力行会(りっこうかい)*3の努力は尊重すべき事業であるとともに、その救済の手で救われない者も多いほどに忌(いま)まわしい物語の多いことを知ってもらいたいし、短期滞在で尻尾を巻く在留邦人の多きを知ってもらうとともに、底辺にあえぐ者の多いことを知ることで、いわゆる成功者の多くが帰国してしまうことを知ることができる。

*3: 力行会 -東京の神田教会で伝道する牧師だった島貫平太夫(1866年~1912年)が苦学生を救済するために行った運動の母体となった組織(東京労働会。数年後に日本力行会と改称)。
やがて苦学生の渡米や困窮者の海外進出を支援するようになった。
大成丸の航海当時、南カリフォルニア在住の会員数は百名を超えていたとされる。現在も学校法人日本力行会として存続している。

これを在留邦人の有力者に聞いてみた。その有力者が言うことには、それはあながちそうした日本人のみの責任ではない。君だって多くの白人の家庭がいかに乱れているかを知ったならば、またその気ままで乱れた風潮が暗黙のうちに在留日本人の間にも浸透しているかを知れば納得できるはずだよと。

[ 戻る ]    [ 次へ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です