現代語訳『海のロマンス』39:練習帆船・大成丸の世界周航記

米窪太刀雄(よねくぼ たちお)著

夏目漱石も激賞した商船学校の練習帆船・大成丸の世界周航記。
若々しさにあふれた商船学校生による異色の帆船航海記が現代の言葉で復活(連載の第39回)
eyecatch_01

仮面を使う人々

なんといっても、アメリカは酒と女と賭博(とばく)と喫煙(きつえん)が自由な国である。二十世紀の相良(さがら)の領地*1である。

*1: 相良の領地 - 将軍の小姓から側用人をへて江戸幕府の老中にまで出世した田沼意次(たぬまおきつぐ、1719年~1788年)は、遠江相良(とおとうみ さがら)藩(静岡県西部)の初代藩主でもあった。
田沼の治世では、賄賂(わいろ)と縁故・縁戚による人事が横行したとされる。

百年前におけるわが享保文政のおおらかな時代を、空中に怪物*2が横行する刺激的気分に満ち満ちている二十世紀に再現させ、これにバターの香りを加え、享楽という異名をかぶせただけである。

*2: 空中に怪物 - 練習帆船・大成丸が竣工した1903年、ライト兄弟が飛行機の初飛行に成功している。
今回の大成丸の世界周航は、その9年後になる。また、飛行船はそれより半世紀ほど早く登場しており、日本でも大成丸が出港する前年、東京で飛行船の初飛行が行われている。

されば、古今独歩、東西無比の天才と、お国自慢のヤンキーから保証された作家ワシントン・アービングはその短編集『スケッチブック』で、

寡婦(かふ)を手に入れんとする者は、ためらうべからず。よろず日の暮れぬ間に仕事を片づけんと覚悟せよ。ゆめ遠慮がちに先の機嫌を問うことなく思い切って言え。さらば寡婦は御身(おんみ)のものなりと。

と、さかんに出歯亀(でばかめ)主義を推奨している。物騒なことである。かくて唯一の天才先生から鼓舞され奨励されては、助平根性たっぷりのヤンキーがおとなしくしているわけがない。

お猿の尻のようにテラテラと頭を光らしている五十、六十の歯抜け爺さんまで、恥も外聞もかまわず大いに若返っておおっぴらに有頂天になって、厚化粧の美女の尻を追いまわし、家にも戻らず賭けマージャンに夢中になっている。税のかからぬ安いタバコを盛んに吸う。酒場(バー)に入っては、日本酒をのぞく世界各地のありとあらゆる種類の酒をがぶ飲みする。爺さん連中ですらこの通りなので、いわんや生活欲がはちきれんばかりに満ち渡って、若さにあふれ、血潮が満身の血管に高鳴りする青年においておや、である。アメリカ流の生活を平気でやってのけるのは、あえて奇とするに足らない。

しかし、そこがエホバの末裔(まつえい)たる彼らであるから、たやすくは見苦しい尻尾を出さない。殊勝(しゅしょう)そうに偽善という衣装をまとい、生まれながらの良家の子息(しそく)といった風にとりすましている。敷居(しきい)をさかいに家の内と外とにおける彼らの振る舞いの差異は、あたかも舞台面と楽屋とにおける俳優のそれのごとくである。この油と水のごとき矛盾反発する両境地を巧みに調和させ、何らの破綻(はたん)も示さず、二つの異なる仮面をつけて演じきるのは、いわゆるジョンブルの愛想のよい振る舞いが身についているためでもあると思う。しかして、この仮面の使い手として最も目を惹(ひ)いたものは、かのクリスチンの鮮やかなやり方である。

彼らが人に飽(あ)かれ、人にうるさがれるにもかかわらず、なお屈せずたゆまず──人前だけとしても生理的欲求を満たす際にも、神の教えを説き、神の愛を説き、神の摂理を説くとき、人は──はなはだしく偏心的(エクセントリック)ならざる多くの人は、意地悪き意識の目を半分つむって彼らの所作(しょさ)をただ美しとばかりに情操の泉にひたし、審美眼(しんびがん)というフィルターを通して、混然とした明確と幻想との境に引き戻す。のみならず、その瞬間は、彼らのある者は厳粛(げんしゅく)なる祈祷(きとう)と、慈悲(じひ)深く寛大であれと歌われる讃美歌との間に、『いずこへ(クォ・ヴァディス)』*3中のリジアのごとく見え、ヴェニシウスのごとく見える。しかし、讃美歌が聞こえなくなり、祈祷(きとう)の声がそろそろ笑談(しょうだん)の歓声と変わる時分にはオヤという気になる。キツネにつままれたような気分になる。

*3: クォ・ヴァディス - ポーランドの作家ヘンリク・シェンキエヴィチ(1846年~1916年)の、新約聖書に題材をとった歴史小説。
大成丸が出港する前年、サイレント映画として公開された(1951年にもハリウッドで映画化)。

「それだからまだ君はだめだ。君はとうてい敬虔(けいけん)なる信仰を得られないのだ」と、碇泊(ていはく)中に知り合いになったアールという人がもったいぶっていった。

自分はキリストの右の腕から生まれてきたばかりというような顔をしたこのアール先生も、土曜日の晩は女と二人でサボイ劇場で享楽の空気にどっぷりとひたるのかと思ったら、その説法もあまりありがたくなかった。

[ 戻る ]    [ 次へ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です