現代語訳『海のロマンス』33:練習帆船・大成丸の世界周航記

米窪太刀雄(よねくぼ たちお)著

夏目漱石も激賞した商船学校の練習帆船・大成丸の世界周航記。
若々しさにあふれた商船学校生による異色の帆船航海記が現代の言葉で復活(連載の第33回)


太平洋横断に成功し、無事に米国西海岸南部のサンディエゴに入港した大成丸ですが、あろうことか船長が行方不明になるという前代未聞の事件が発生します。
しかも、不幸はそれだけにとどまらず……
eyecatch_01

船長、船に帰らず

船の乗組員一同の敬愛と期待との中心をなせる船長の上に何かの異変が生じたという風説が、誰いうとなく隼(はやぶさ)のごとく船の中に広まった。九月二日の午前(ひるまえ)である。船長が八月三十一日入港と同時に上陸したまま陸上にあって、杳(よう)として消息がわからないのは確かな事実である。

ある者はいう。船長は急性脳膜炎で入院したと。他の者はこれを修正して、船長は過労の結果、意識の混乱をきして自刃(じじん)したという。何にしても、おそるべき、悲しむべき、心痛すべき惨事(ざんじ)である。前途悠遠(ぜんとゆうえん)な大使命の端緒(たんちょ)において容易ならざる蹉跌(さてつ)である。悪運である。百二十五の子弟後輩はそのために困惑して、ただ次に来たるべき結果の範囲や程度の広狭深浅を忖度(そんたく)するとき、悄然(しょうぜん)として意地悪き運命の黒き手を呪(のろ)わないわけにはいかなくなった。

底知れぬ暗愁(あんしゅう)の気分がすべてのキャビンをおおって、Aはうち続く忌(い)まわしいできごとのために予定の航路が変更されることを憂(うれ)い、Bはこの電報を受け取ったときの学校当局者の驚愕(きょうがく)と思いとを慮(おもんぱか)り、Cは船長家族の気の毒なる悲嘆に同情する。しかし、一般に阻喪(そそう)した表白(エクスプレッション)が見えないことこそが唯一の心強さである。

この夜、平原一等航海士が簡単に「船長は急激な脳症で入院した、目下(もっか)の言動は常軌を逸(いっ)している。停泊期間は延期されることになり、船は後任者の派遣を依頼しているところである。私としては諸君にこのような不祥事が突発した際に、特に一層の慎重な行動を望む」と、こういう場合に最も時宜(じぎ)をえた簡潔な挨拶(あいさつ)をした。

昔から帆船には、神秘的で、噂話や伝聞、伝承が受け入れられる雰囲気が満ちているだけに、迷信を信じる連中の勢力はなかなかに侮(あなど)りがたい。その根強い地盤はマストの前あたりにあるらしい。──『マストの前の二年間』(トゥーイヤーズ・ビフォー・ザ・マスト)という本*1さえあるくらいである。むろん水夫長(ボースン)と大工(カーペンター)とがその領袖(りょうしゅう)である。

今頃はむろん会食堂(メスルーム)に集まって、一体全体、館山事件来、この船にはケチがついている、などと啖呵(たんか)を切っている奴があるかも知らん。こういうことを誰かが言い出すと、たちまち釣りこまれるのが彼らの常である。浦賀における水兵の惨死(ざんし)も従って連想されるであろう。寄港地マシザニロ*2がサンディエゴに変更になったのも縁起(えんぎ)が悪いと、くさされているであろう。かくて見事に「呪(のろ)われた練習船」というイメージができあがってしまうだろう。今後の祟(たた)りが恐ろしいなどと言い合っているかも知れない。厄介(やっかいな)な奴らだ。そういうところにもってきて、タイタニックとかオリンピックとかいう奴*3がボカンボカンとお陀仏(だぶつ)を決めこむから、ますますたちが悪い。



脚注
*1: 『マストの前の二年間』 - アメリカの法律家・政治家であるリチャード・ヘンリー・デイナー(1815年~1882年)が著したノンフィクションで、法律家になる前の平水夫時代の商業帆船乗船記。
乗組員の過酷な労働や体罰について事実に基づく詳細な記載がなされていることでも話題にもなった。


*2: マシザニロ - 北米大陸の太平洋岸に、この名称に該当する港町は存在しない。
メキシコ南部の、パナマ運河に近い良港マンサニヨを指すと思われる(シをンの誤植とみなし、Manzanilloを英語読みするとマンザニロになる)。


*3: イギリスの巨大客船タイタニック号は、1912年の4月14日から15日にかけて、大西洋横断の処女航海で氷山と衝突して沈没した。当時、世界的な話題となった。
練習帆船・大成丸が世界一周に出発したのは、それからわずか三カ月後の同年7月である。
オリンピック号はタイタニックと同時期に建造された姉妹船で、こちらも巡洋艦と衝突事故を起こすなど、トラブル続きだった。

[ 戻る ]    [ 次へ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です